FC2ブログ
w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
まいきゅーぶ
090920_1104~0001


たぶん、これから。
どこへでも行けるデイ。


とりあえず明日は、どっか行こうっかな。と。
多分晴れるから。



この微妙な…

「野田」ナンバーと

俺カラーをお許しください。



靖国通りを跨ぐ虹


 蒸し暑い夕暮れ道。
 小川町近辺を散策していると
 携帯で空を写メる若者がちらほら。

 ユーフォーか?と思いきや、
 UFJ銀行とVictoriaの看板の間から
 虹が現れていた。

 しかも二重のくっきりとした虹だった。

 空は珍しく綺麗にオレンジだった。
 雲も爽やかなイメージだった。

 ニジニココロオドル。

 都会で見れたから一層嬉しかったに違いない。


みんみん
DSCF080803_02.jpg




   蝉が鳴き始めてから

 日本の空気は夏模様に一変する




東京の知り合いのマンションから

  こじんまりとした打ち上げ花火を眺めて

    焦げた匂いを妄想しては
   
   必死で夏にいる自分を探している。




 彼は蝉の泣き声を聞いて

   「蝉って一週間の命しかないんですよね…」

と哀しそうにいう。




   夏祭りの縁日を車の窓から見つけて
  
 彼は、「いいなーいいなー行きたいなー。」
  
     と心躍らせている。




  今年蝉が泣き始めてから。

   なんで、蝉はわざわざこんな暑い夏に

    自分の一週間を捧げよう。なんて

  思いついたんだろう。と、

       下手に疑問を持ってしまった。






 とりあえず。今日も暑いのなんの。




思い出すのは




会社自体が休日だった。

一週間のなかびのこと。



平日の昼間となると

東京では希に見る電車のガラガラ感に

すこしびっくりし。




何故かなんだか

関西のお昼の穏やかな日常を思い出した。





友人の携帯から聞こえた

3分クッキングのテーマソングにしても

新鮮すぎて喜ぶ。





世間は暑くてたまらないのだが

そんな事実はどうでもよくなるほど

穏やかな、休日(平日)は愛らしかったのだった。



線路沿いの紫陽花



電車の線路に寄りかかるように咲いている
紫陽花に何故か見入ってしまいます。




今回もなんと。
鈍臭男チョンは突っ走ってます。


朝は
小田急で渋沢方面出張が
間違って藤沢方面へ間違って行ってしまったし。


夜は
酔うパラッてしもて新宿を出たはずが
気づけば大崎に着いていて
あげく池袋で山手線の終わりを迎えました。


タクシーで根性で帰りました。


相変わらず僕の思考は
ふらふらと。
根づくこともなく巡り巡っております。


やっぱり何かが足らないんだろうね ^^;




copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved