w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
白檀
DSCF071024_1.jpg


プログラムをしていないと

仕事のモチベーションがあがりません。



いつからこんな自分になったんだろう。


はぁ。

ってため息混じりでそんな自分を自負している。



白檀のお香が部屋に充満して

秋の宵を今日も気持ちよく過ごせそうだ。


スポンサーサイト
脳みそ→お金


僕の脳みそがお金に換わっている。


仕事で思考がもうくらくらする時に

ふと思った。


身体は動かずとも

無い脳にブドウ糖を一所懸命与えてやって

今日もたまに宙を仰いでみたり。

机の下に頭を埋めてみたり。



脳みそのシナプスが

僕の生計の生命線なのだ。



これで生きている。実感。


早くプロになりたい。



the wa ta mi story


結局 その人を羨ましく思う行為は

自分が目指したい将来像だと思うことが多い。



年齢を取る事に抵抗があるにしても

年齢を取る度にわかることがたくさんある。



今でもそうであり。



ずっとこれからもそうなのである。




上司が言った。

「利点凝視」だと。


何故人は、他人の嫌な部分ばかり目についてしまうのだろう。って

真剣に思う事がある。




自分の包容力の無さが

いつしかからっぽになるときがくるのだろうかと。

憂うことがある。



この年になっても、意外と

「受け入れる」って行為が掴めていない自分を

今日も少々嘆いてみる。





だからそんなときはもちろん

酒に身を寄せてみる。



jakarta



ant

     maven


 cobertura

   poi


  build


 struts

      velocity


aop




大事なのは横文字に慣れる事ではない。



大事なのは

皆をぞくぞくさせるような

技術を使いこなす事なんだ。



と、今日は学ぶ。




Java World Day 2007


Java World Day 2007


Java好きの祭典だった。


自分もエンジニアの一人であることを実感しつつ

何かを始めなければならないような


勝手な使命感と言うか、喜びというか


そんなもんが軽く込み上げる。




copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。