w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
新しい仕事


 新しい仕事が待っている。

 

 ずっと待ちわびていた事なのだが

 ずっと仕事を一緒にして来た人たちに

 「寂しいですね」

 と言われたときに心が踏みとどまる。



 必要とされていた事の安堵が二の足を踏む。



 色々な事が思い出されたり。


 今でも何もできない自分を悔いたり。



 それでも
 時間はお構いなし。



 それでも
 新しい仕事はやがて来る。
 


スポンサーサイト
現実主義



 会社に辿り着くための長い長いエスカレータに
 乗っててふと思ったこと。

 会社に出勤する自分は、果たして現実なのだろうか。

 恐らく、これは非現実なのだ。と思った。


 じゃ、自分にとっての現実はどこにあるんだろうか。


 そう考えると最近は
 自分の「現実」があまり存在ないように思えてきてしまう。




マイカーチケット



 関西に帰って地下鉄で
 もぞもぞ切符を買おうとしたら

 「これ、余ってるから使いー。」

 とおばちゃんがチケットを渡して
 そそくさとどこかへ行ってしまった。

 関西人には有名な
 マイカーチケット地下鉄・市バス
 一日乗り放題券。



 おやまー。


 しかも一回しか乗ってないやん。おばちゃん。



 あたふたしたが、
 ありがたく。地下鉄乗車。



 関東には当たり前このようなことはなく。

 チケットを2度3度ちら見すると、
 Homeに戻ったことの実感と
 帰ってきた安心感がどっと押し寄せてきたのだった。




トゥルーカラーズ
RICOH_20110321_2000.jpg




 例えば。

 この際、何もかもなくなってしまったらいいのに。
 と思ってしまったり。



 例えば。

 今の非日常から早く逸脱したくも
 前までの日常に戻って欲しくもない。

 と矛盾する思いを過ぎらせてみたり。



 例えば。

 「命さえ助かっていればいい。」
 という想いに、簡単に同意できない自分がいたり。


 
 例えば。
 
 Cyndi Lauperの True Colorsを聞いて
 あの頃の戸惑いと不安を想起させてみたり。



 例えば。

 東日本の喧騒の最中。
 「何が正しいのか」論を必死で頭の中で
 繰り広げる自分であったり。




 やっぱり事実がそこにあっても
 事の真実や意図が未だにわからない。





 んだが。
 今回は、募金をしようと思っている。





Worry Don't
RICOH_20110213_2000.jpg


 英語の勉強を始めた。
 というよりこれで何回目か、再開した。


 続くかどうかは、自分が楽しめるか次第。




 これでいいんだろうか… ?

 とたまに問わずにはいられなくなって
 不安で嫌な不快感が背中に残ることが多いのだが。


 大阪にいる親のこと。

 東京に住み着いていること。

 以前と一人で暮らしていること。

 相変わらず独り言も多いこと。

 物欲も未だ止まらないこと。

 切磋琢磨する自分に理想を求めること。

 サラリーマンな自分のこと。

 やはり自分のことばかりであること。


 でも。
 
 ちょっと部屋で音楽聞き入って
 元気になってしまえば。
 
 鼻歌まじり。
 スキップくらいできるのであれば。
 
 それだけでいいように思う。

 少しでも、ハッピーなのであれば。

 それだけで誰かは、
 許してくれるんじゃないだろうか。




 Happy Be. Worry Don't. 

 

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。