FC2ブログ
w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
成長する
DSCF20090816_013.jpg


後輩の成長を垣間見て
嬉しくなっていたりしていたが

そーいや最近。
自分に対する「成長」を諦めている節がある。


歳をとっても
「成長」は必要な要素なのに。
と反省する。


が、何を成長させるかは
歳をとる分、考えないといけないんだろうとは思う。

catalina home


休日。かたかた家に閉じこもって。
かたかた。プログラムしてます。


傍らから「キセル」のゆるい音楽で部屋は満たされ
僕の気分もいつのまにか満たされ

あ。満足。ご満悦。
ってこういうことなのか。と実感する。


久しぶりに捻出された「満足」だった。

DSCF090211_01.jpg


この前財布を見ると1円玉が20枚くらいになってて困った。
偶然にしてもなんだか経緯を想像すると
その状況に少々笑えてしまったのだが

今になってもその1円玉が何故だか減らない。

どうにか財布の膨らみを解消させたいのだが
とおもいつつも
やっぱり1円玉を出し渋っているところが
ま、自分の憎めない部分なんだろう。と

今日もしょうもなく、思う。


dazzle
DSCF090209.jpg



「お香の匂いがするのがチョンだろ。」
と久しぶりの友人に会って言われたので
行きつけのお香屋さんに行った。

冬の森っぽい香りをください。
とおねだりしたら店員さんが快く
探してくれたお香を買って満足する。




フィンランドの本を読んでいる。
以前ともに学んだフィンランド人の留学生を思い出す。


ストイックなのにストイックでなく
楽しいときはめーいっぱい楽しみ
おちゃらけがうまく
でも溶け込みすぎているわけでもなく
勤勉ででも真面目すぎるように見えなくて。


生き方が自然体で。
軽くてでも深淵な感じがした。



冬の森のような。
そんな懐かしいイメージを思い出し。
ただただ電車の中では心地よく、まどろんだ。


坂道のある生活
R00081012.jpg



アップダウン。


以前住んでいた場所は、極端な平地だったため
自転車を乗っていても手ごたえが得られない感じで、
いつも迷子になりかけていたんだが。

今回移った場所はナダラカニ坂が多く
坂道を久しぶりに見たときは、やけに新鮮な気分になった。



息を必死で整える感じ。
坂道を滑り落ちる感じ。
遠くの風景を見渡せる感じ。
シャツが汗でちょっぴり湿っぽい感じ。




なんとなくそれだけで
生きた心地があるような気がするのです。



クエスチョン


「お前は、そのやりたいことのために、

 ナニを努力したんだ? 」




先週。先輩に言われた事だ。



copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved