w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ゆれる

 ゆれる
 
 地面がゆれる
 
 心もゆれる


 あのときの記憶がよぎり
 
 ときに気分も悪くなり

 行く先が見えなくて

 前を向けない



 それでもゆれる

 ゆれない地面がこんなにいとおしいとは思わなかった。



スポンサーサイト
機種変更


 さーひさしびりに携帯、機種変更するぞ。
 と意義ごんだのに。


 まず名義が弟のものだったので委任状がいる、
 とのことで手に入らず。
 
 委任状を弟が送ってくれて、
 仕事終えて買いに行こう。と思ったのに
 会社を出る前、家に携帯を忘れ、
 仕事が終わった後、そそくさ家に帰って
 携帯を取り戻し、日暮里のお店に
 行ったら既に閉店になってて。

 それでも諦められないので、アキバの
 ソフトバンクにダッシュで行ったら
 後10分じゃ、機種変更は無理です。
 と追い払われ。

 その翌日、昨日は「8時半頃に来たら、
 機種変更はできると思います。」と
 言われたのに、そのアキバに8時過ぎに
 行ったら、別の店員が、今日はもう
 7時過ぎには受付を閉めちゃったんです。
 と残念な回答をしてきた。

 
 携帯を家に忘れた時点でうすうす気づいてはいたのだ。


 恐らく今の携帯チャンは、
 「もっと使ってくれ!」と訴えかけているんじゃないか。
 
 ということを。



ナイガシロ

 動かなくなった腕時計を漸く修理に出す決心をした。
 といっても、電池が切れただけだろう。

 と侮っていたのだが、店員は渋い顔。
 
 よく見ると傷だらけ。
 店員の顔はなお曇る。

 そういえば、よく落としたり、投げたり。
 
 ナイガシロにしてたことに気づく。


 精密な時刻を保つ、邪魔ばかりしていた。


 「修理自体できるかどうかお見積もりさせてください。」


 なんとも。心は痛く。

 そういえば、時計だけじゃなくて、
 最近イロイロ、ナイガシロにしているなー。
 と、だいぶ反省。


 時計ちゃん、ほんとごめん。



 
酷。楽園。


 東京はやはり酷だな。と思う。
 また、その反面、東京は楽園なのだ。

 若くして東京に出てきた子達にとっては
 感性豊かな時期に、なおさらそう思ってしまうものなのだろう。


 人間の基準が、どこからが正でどこまでが誤まりなのかはっきりしないように
 東京という土地柄も、何がよくて悪いのかうまく説明できない。


 少なくとも、泣きじゃくってうずくまった後輩の姿を見て

 ここに来てから

 感情を押し殺す術を
 自分が何かしら覚えてしまっていたことに
 少し落胆してしまったのだ。


ガンジガラメ
DSCF_20100117_01000.jpg



年を重ねる毎に
「○○をしなければならない。」
ことは多くなる。



洗剤が切れれば新しく買いに行かなければならない。
帰省するためにはチケットを予約しておかなければならない。
親を喜ばせるためには仕事を頑張らなければならない。
仕事を頑張るためには早くに床につかなければならない。
お金をもらうためにはいい人間であり続けなければならない。
将来のことを考えてお金を貯めておかなければならない。


ならない。成らない。ナラナイ。ナラナイナラナイ。。。



そんな理屈で何十年も積み上げてきたから
いざ自分の「深層心理。本当のしたい。」を追求してみても
何千重もの皮を剥き続けることに草臥れてしまって
結局、「しなければならない」体に収まってしまう。



すべてのことには「義務」などないに決まっている。
もし、あるとするのならば、つまり
「僕たち人間は生きなければならない」
という最終的な結論に至るはずなのである。



生きなければいけない人間など。たぶんいない。



ただ、人間は生きたい。だけなんだと思う。




must は この世の幻想でしかなく
want だけがあればよい。





「しなければならない」のは、誰の顔色を伺うため?



copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。