w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
楽しかった
DSCF051130_1.jpg DSCF051130_2.jpg

僕はキャプテンだが
名前だけで何もしていない。

技術もなかったし。
しきる力なんてないし。
ただ楽しみたかっただけだった。

今日、優勝してしまった。
戦友に恵まれたのも
実力のうちだと思いたい。

真冬に白麒麟をかけあって
胴上げもしてもらった。
花束も貰った。

もう十分だ。

この他に
自分の求め足りないものなどあるのか。

いや、
出てくるんだろうな。
でも
今は考えないでおきたい。
スポンサーサイト
赤と黄
DSCF051129_1.jpg

赤く染まった比叡山を背に
黄色を彩る並木通りを通る。

雨上がりの冷たい、冬の風が吹く。

洗濯物がまた乾いていない。
あぁ。


ヘッドフォン越しにネモを乱発。
ステップを踏みながら
今日もキーボードを叩く。

ずちゃずちゃずんちゃ。

今年は
冬さえ楽しめそうな気がする。
近況報告
DSCF051128_1.jpg

実家から食物が届く。
中には…
またかよ的に、ケチャップが入っている。
これで現在使っているものを含めて4つ目。
実家にいた時は、母がケチャップ料理を
こよなく愛していたようには思えなかったんだが…。
これから毎日オムライスとチキンライスを食べても
絶対なくらならいんだろうな。

近頃の流行は
チョコチップスナック178円
by セブンイレブン
ファミリーマートのそれより、1円安い。
食い切れない(残すこと)ことを予想して買うのだが
結局何時も、一気に全て食べてしまい、後悔している。

最近は携帯電話の目覚ましが鳴らなくなった。
気まぐれに時たま鳴ってはくれるのだが…
その機能まで既に寿命かもしれない。
なので朝、絶対早く起きなければならない時は
本当に一人、焦っている。


まさに、どうでもいい、近況報告。
ストロボを焚くんじゃねーよ。
DSCF051127_2.jpg

母校の文化祭へ。

それにしても若い。

今回はカメラクラブに行ってきた。

久しぶりに面白かった。
[ストロボを焚くんじゃねーよ。]の続きを読む
筆跡
DSCF051126_1.jpg

結局

人に護られてなんぼの「自分」なんでしょ。

強がっても、無駄か。
チャイニーズオントロジー
DSCF051125_1.jpg

僕の興味は一体何なんだろう。
と問いかけながら終わった3日間だった。

医療を取り巻く様々な人達に出会い
自分のその問いかけが一層濃くなっていく。

最小限満足できる幸福も承知している。
が、それでは
喉の奥に痒みを覚える自分がいるのだ。

ばたばたと時間は過ぎ
新幹線に飛び乗って京都に帰る。

今はただ疲れていて
何も考えないほうがいいかもしれない。
帰りは、ただ笑うことしかできなかった。
でんちら
DSCF051125_2.jpg

学会のためみなとみらいへ。
パシフィコ横浜はスケール勝負だったが
その割りには余裕が見受けられる。

今日は異様な暖かさだ。
コートのためシャツは蒸れる蒸れる。

なんだかんだで到着した途端
発表が迫った。

練習も覚束ず
発表セッションに入った。



人がいっぱい。
だが僕はマイクを持った瞬間
人が変わってしまい
滑稽なマイクの持ち方をしたまま
声はシャウトしていたようで
それが身内ネタとしては非常に大うけだったようだ。

ネタを提供したつもりではないのに。

まぁ。
これまで睡眠を裂いてきてよかったと思う結果だった。
変に気持ちは晴れ晴れしい。

そして直後に
至極の疲れが僕を襲う。
よし
DSCF051124_1.jpg

今日、躓く人を3人見れた。
よし。


一人目はブーツの女の人。
カクン。
よし。

二人目は舞妓もどきの女性。
着物でこてん。
よし。

三人目はロンゲの若い男性。
御池でポキ。
よし。


15分程度で僕は別世界に逝ける。
こんな境遇、滅多にない。

ここ(京都)に居て良かった。
本当に。

実に良し ^^
シャッター
DSCF051123_1.jpg

カメラのレンズを覗くときは
右目が閉じる。

カメラを縦に取るときは
右手が上に来る。

カメラのレンズを覗くときは
左目がレンズを射抜く。

今度久しぶりに写真を現像に出そう。


ぞくぞく
DSCF051122_1.jpg

メールが来た時は
体が震えた。
久しぶりだった。あの感情。


今も学生である友達が今日、建築家に
ヘッドハンティングされた。

あまり他人の行動に刺激を受ける
人間ではないのだが
流石に今回は負けを認め
自分を問うた。

もちろん大いに喜ばしかった。

好きを仕事にできるんだな。
とぽつり。思ってしまった。


明後日は僕も学会発表なんだ。
何をしでかしてやろうか。
あぁ、暴れ、鯛。
メルトモ
DSCF051122_3.jpg

一昨日、鼻水が出たので
おそらく一年振りに、友達にメールをする。

「ハナミジュが出てきた。お久。」

友達とは言えるのかどうか。わからないが
今で言う死語の「メルトモ」であることは確かだ。

多分会ったのも1、2回くらい。
顔も殆ど覚えていない。

「私らってほっこりしたメルトモやんね。」
と彼女が昔メールをくれたのははっきりと覚えている。
言い訳がましいが、どちらにも
恋愛感情などある訳がない。

2日後の今日、
「ハナミジュは治った?元気?」
と入ってきた。

少しほっこりさせられる。
今もどう返そうか迷う。
だって年に一度のメルトモだからね。


おそらくメールを送れば
また1年は忘れてしまうんだろうな。

まぁそんな関係も大分、ありだ。
大有りだよ。このご時勢。
小雪
DSCF051122_2.jpg

今日は小雪(ショウセツ)の日。
北風が強まる時期。
冬の訪れが感じられるころ。
雪の降り始めるころ。
二十四節気の一つ。

そんな中、ヤフー天気に変なアイコンが。
今日の鍋物指数は60で、熱燗が最適らしい。
暇じゃないんだが気になってしまったので。

鍋物指数とは…
「気温と風速から算出した「体感気温」に、
湿度などの指標を組み合わせたもの。
気温が低く、風が強くて空気が乾いているほど
指数は高くなる。」

気温が低く風が強くてカサカサする日は
是非鍋を食べよう!!!
空気が乾いているのは関係あるのだろか。。。

ってふざけてますね。
ちなみに100%はすき焼きに最適らしい。
なので北海道の人は
毎日すき焼きを食べているのかもしれない。

それはものすごー羨ましい。
しょっぴんぐなんだ。
DSCF051121_1.jpg

チャリのチェーンがまた脱線。
僕は10円玉でスクラッチを剥がすより
遥かに早く人差し指で
チェーンを直すことができるようになった。

練習なんかしたくないんだけど。手が汚れるし。


恵文社に寄る。

久しぶりに自分のために
350円でボールペンを買う。
別に事務用のためではない。
これを買いたくてそこに行ったのでもない。
ただかっちょ良かったから買った。

もちろん
結局は何でも自分のためなんだけども。
でも。
納豆を買うのは腹が減るため。
マジッククリンを買うのは風呂が汚いため。
缶コーヒーはボスジャケを当てるため。

たかがボールペンなのに。
思いつきと自己満足で買い物をしたことが
ただなんとなく新鮮に思えた。
枯葉踏む
DSCF051120_2.jpg DSCF051120_3.jpg

世界のクロサワ。

ロッカーえいちゃん。

復活VのQちゃん。

ピンポンのペコ(これ漫画)。


巷を揺るがすbigな人物の共通点は
一体何なんだろうか。

普遍であること。
止まれないこと。
お馬鹿なこと。
「ただ~したいだけ」と言えること。

むむむ。。。


さて、明日は何しようか。
ハナミジュ
DSCF051120_1.jpg

世の中、どうでもいい。
前向きに、そう思う。

昼は
彼女と普通に日常を過ごした。

昼下がりは
家の横では松ヶ崎祭で楽しそうだった。

銀杏の黄色が冴えていた。

夕方は
プログラムを組みながらにやけていた。

夜は
銭湯に行って実にさっぱりした。


最近は「普通に」日常が楽しい。
明日も絶対そうであり。

だから
世の中なんて、どうだっていいんだ。
アナタニさらだ
DSCF051119_2.jpg

炊き込みご飯
ひじき
ポテトサラダ
漬物
キャベツ
ソース
カニクリームコロッケ
玉子焼き
葱炒め
イカリング
餃子
マーボ豆腐

plus 味噌汁

すまんすまん。パセリも。


生きてるってこういう事だ。
占めて490円。キター。

今日思いつきで立ち寄って良かった。


by キッチントマト畑 in 高野
distance ratio
DSCF051119_1.jpg

ITネットワークの距離感を考える。
例えば最近流行のSNSやBlogなど。

大した話ではないのだが
これらは何時も傍にいる人ほど
知られたくないものだと僕は思う。

言うならば赤裸々に毎日が公表されているのだ。
たまには愚痴を溢したくもなるし
大いに賞賛したい時もあり
こう言うことがあったんだよ。
と言う前に
傍らに居座る他人(ひと)は
既にそれを知っている訳だ。

ああ、知ってる知ってる。

自分のことを自分の口からあまり話さない僕は
逆に物理的にも回数的にも離れた人達を
近くに感じることがたまにある。

僕達の距離感は
様々な意味で混在し
また面白い(新鮮な、それとも奇妙な)関係を生み出す。

もっと近くに。
もっと、離れ離れに。
久太郎町1丁目
DSCF051118_1.jpg

僕にはパスポートがない。
厳密に言えば
自分のパスポートを作ることができない。

何故なら僕は無国籍扱いだからである。
北朝鮮籍というのは、そういうもんで
パスポートの代わりに
再入国許可証ってものを持つ。

卒業旅行で印度に行くことに決めた。

今日はそのためにVISAの申請をしに
大阪に降り立つ。
旅行は後、4ヶ月も先の話なのに。

違和感があるが
VISAがおりるのに3、4ヶ月かかるらしい。
普通の日本人なら数日で終わる。
全く洒落た話である。
これが一つ目の仕打ち。

申請書を全く同じものを3枚書かされた。
腕が少しだるい。
別に人より数十分長くかかっただけだ。
これも洒落た話。
これが二つ目の仕打ち。

人と変わったことをすることに
あまりストレスを感じないほうだが
全く誰が意図しているのかわからない事柄で
自分が振り回されているのだと
冷静になると冷ややかな感情が湧き上る。

もう慣れた話だから
苦に思うこともなくなった。
そう言う世の中ならそれで構わない。かもしれない。
同情をしてくれる程の友達もできたから。

ただこんな僕にもポリシーはあって
帰化や籍の変更を勧められるのは
ちょっとだけ
たまに勘弁してもらいたいな。と思ってしまう。
腹が減る
DSCF051118_2.jpg

電気代が1000円を割った。
オール電化時代に申し訳ないが
省エネ成功。かなり嬉しい。


最近気になること。
お金の話になってしまうが…

まず、
コンビニのおでん。
いつも値引きの札がついているように思うのは
僕だけだろうか。
僕が見る限りでは
いつも10%は値引いてくれている。

次にミスド。
僕が目に付く限り、3回に一回は
ドーナッツ100円セールである。
頻繁すぎるなって思ってたら
今回は35周年でドーナッツが70円。

そして99円ショップのガム。
コンビニでは99円だが
99では103円になる。
ある意味ネタで置いているのかもしれない。


いやぁ、気になるね~。
左折・蓼倉橋
DSCF051117_1.jpg

徹夜明けソフトBall。
そのわりには調子が良かった。
整備された土が心地よい。

勝負に勝ってしまった。
競争社会を肯定したくはないが
「勝ち」は爽快なものだ。

風も 朝の光も
雲の色も
冬の錆びた味がしはじめる。

服の袖で一生懸命手を隠し
凍える朝を噛み締める。

相変わらず机と椅子が
絶好の居眠り場所になっている。

おこたをつけると静かな部屋に
じんわりと
電源がついた音が響き渡る。

冬をくくくと待ち侘びてみる。
世知辛いって言うなよ。
DSCF051116_1.jpg

月が3連ちゃんで綺麗。
珍しい。

明日学会発表予行なのに
何もできてない。

死ぬる。
余裕ぶっこいてる自分が怖い。

先生、
ボイコットしていいっすか。

うそです。

早急に作ります。
徹也、確定。ずーん。おつかれ。
鼻唄と下鴨東通
DSCF051115_2.jpg

つきとほしとよぞらとくもの
遠近法がくっきりとした深夜のこと。
カーテンを引っ張るかのように
雲が素早く流れていた。

学校から帰るのに
今日は何時も以上に冷えていた。

ラーメンたく味に久しぶりに寄る。
細麺が喉を泳ぐ。
旨かった。

帰り道。

「いやぁ、今年はほんま過ぎるのが遅かった!!」
と声高らかに謳う人に
出会ってみたいと思った。
落葉拾い
DSCF051115_1.jpg

ブッシュが来るみたい。
空はヘリの音でまるでテロが起こってるみたい。
しかし百万遍はイヤニ人が多い。
今日は知恩寺で手作り市。

空から地上から今日は騒がしい。
テロが起こるなら
きっとここ百万遍だろう。と
自転車なしの僕は
中国人のようにチャリを乗り回す人を羨んだ。

今日もまたパンクした。
修理の兄ちゃんに
買い替えするほうが安く済むかもしれない。
なんて言われる。
もうかなりオンボロ。

残り4ヶ月の我慢なのに。
たまらん。

見た目は結構綺麗なんだが
中身がなっていないらしい。
そのうちガタが来るらしい。

約4年乗ったが
誰よりも密度は濃い走行距離を達成している
自身がある。

今度暇なら調べてみよう。
新島同志
DSCF051114_1.jpg

月灯りが異様に光る。
珍しく、ベランダに蔭が。

我が母校が全国へ。
2回目5年ぶり。
自慢は自慢なんだが
もっと自慢できることは
弟がコーチをしていたことだ(メインコーチではないが)。
進出が決定した当日の夜には
母からメールがきて(僕はin熱海)
学校の自慢よりも息子の自慢を息子にしてきたのだ。
少し横顔がテレビに出たと
電話越しでも自慢してきた。

実家に帰ると
常に眠気を我慢している弟を思い出す。

よくやったもんである。


今日の昼間は曇っていた。
高校の登下校の道を何となく思い出した。
Miyako Wasure
DSCF051113_1.jpg

朝は自分の居所を見失うくらいの
太陽の洗礼を受ける。
綺麗だった。
と思いつつ、二度寝する。

昨日から夜通し話し明かして
朝はいつものように体が動かない。
筋肉痛。

短い時間かもしれないが
あの頃のようには無邪気になれは
しないかもしれないが
それなりに僕らは
自己を満足させる術を知っている。

どう相手に求めれば
自分は幸せな時間を過ごせるのかと。
どう自分を出せば
相手も幸せに満足できるのかと。

笑って笑って笑って。
自分の中の小さな永遠を誓う。

他人を楽しませる第一の手段は
自分が楽しむしかないのだと
何時も以上に確信した一日である。

また、集まりたい。
そしてまた何時ものように笑うんです。
ちっぽけで、大きすぎる僕の歓び。


熱海(日本の東側)を後にした。
いい街だった。
成り行き任せの…
DSCF051112_1.jpg DSCF051112_2.jpg

「世の中は合う人間ばかりではない。
 自分に合わない人間が
 こんなにいるとは思わなかった。」

彼が前に言った言葉が蘇る。

今日は熱海でサークルのOB会。
一丁前に僕もOB2回生になった。
外は朝の雨が上がり、綺麗に晴れてきた。

熱海・網代にてバレーをする。
やはり体力は衰えていたことに
また後悔が募る。

久しぶりに会う大学時代の面子。
でも久しぶり感がやっぱりない。
離れていることで
僕らはより楽しもうとしているみたいに。

体はポロポロになりながら
腹を精一杯使って笑い
一日中、満足感に浸る。


そして今日は
結婚報告をいっぱい受けた。

幸せを願いつつ
また寂しさを得つつ。

僕の中の本当の羨ましさは
そこにあるのだと再確認した。
架橋
DSCF051111_1.jpg

雑踏に塗れて
重いバッグを3個も持ちつつ
スエット姿で新宿に着く。
朝5時半。

早すぎやろ。


また書きます。in ネットカフェ。
はよ出たい。。。


関東旅日記。

[架橋]の続きを読む
セレ部
DSCF051110_2.jpg

で、京都八条口。

僕は格安バス(片道3千7百)で今日は東を目指す。

そこには‥

面白いことに
セレブ(日本で言うお金持ち、本当の意味は有名人)
は一人もいません。

お金がなさそうな
お金を貯めてそうな人ばかりで
全く、こんな時のこそ
「類は友を呼ぶ」
なんて言葉を使いたい。

一人で向かうのだが
やはり遠出の楽しみとともに
孤独感が襲う。

いつか僕がお金持ちになったら
ピカツヤの服とプンプンのコロンを振りまいて
この夜行バスに乗ってやろう。

そう、いつかお金持ちになったら‥

そう、必ず。
謳歌
DSCF051110_1.jpg

嗚呼。首が痛い。
冬と秋空の違いを考察したくなる。
やや理系主義。

昨日眠くて半分墜ちながら資料を作って
今日見たらワラケル状態になっていた。
現実から剥離を喰らった状態になると
人間は面白い行動をしている。
例えば泥酔してしまったときの独り言や
パソコンの前で転寝をしてるときの
マウスを持つ右手。
一日中眠い状態になってしまえばどうなるんだろう。
ワラケル。

Amazonが何か企んでいる。
必要なページだけを顧客に売るんだと。
僕は面白いとは思ったんだが
果たしてビジネスとして成立するか
実に見物だ。
思考実験
DSCF051109_2.jpg

昨日は先生と話した。
他愛もなくゲラゲラと。

そしてたまに見える先生の本音に
僕は心を動かされる。

修士論文の話。
ただ日本語のお勉強として
2月までに文を書き切るのか。
それもよいが

本当の学問ってなんなんだろう。とか。
科学って何。とか。
自分の思考の位置づけが
一体、何所にあるんだろう。とか。
大学にいる以上
企業でやることとの境界線を
はっきり納得させてみよう。とか。
自分の興味を知るためには
自分の興味のない部分を明確にするために
それなりに努力(量を負う覚悟)が必要。とか。
今までは具体的に手を動かすだけだったが
もう一つの抽象概念から
新しい学問の領域を味わってみよう。とか。

何か僕の頭の中で錯綜する居場所を
後何ヶ月かで
少しだけでも
確立してみたい。

ただ其処に息をしていても
僕らは生きていられる。

それだけじゃ詰まらないじゃないか。
思考実験をしよう。
と先生は投かけてくれたのだと思っている。

どれだけ詰め込んでも詰めたりないだろう
知識をこの脳に押し込めてみて
本当の興味をどうにか得てみたい衝動を得る。

それはこれまでとまた違った
自分の意思でもあるような。

時間はもう殆ど残されていないと言いたいが
実は2880時間もあるのだ。


僕が此処に来た意味を
漸く感じ取って来たのかもしれない。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。