w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Eyes on Japan
DSCF060731_1.jpg



「東京、半蔵門のアースギャラリーからお送りしております。
 アイズオンジャパ-ン。
 時刻は六時○○分です。」


毎朝目覚ましラジオで起床する。

特に6時半頃に一瞬だけ放送される「おはようスマップ」はサイコーだ。
おそらく前日の録音なんだろう。
そのため天気予報があまり当たらない(^^;)
しかも天気予報は、いつも一言で終わって自分のしたい話ばかりをいつもぐだぐだゆっている。
ここ何ヶ月で、漸く香取慎吾まで回ってきた。


毎朝聞かずにはやってられない。

実にしょーもない理由だが
僕が早起きしてしまうのはけっこーこれが楽しみだったりするからだ。



ラジオは言葉で人の視覚に訴えてくれる。
「今日の空はすっごく蒼蒼としてます。」

七尾さんは今日も絶好調にいい声で、東京の空を伺う。

スポンサーサイト
屋根の上
DSCF060730_1.jpg



今日晴れる。
梅雨明けまっしぐらでしょうね。


晴れてうきうきして外ばっかぼーっと見る。

すると
鴉が他のマンションの上でカーカー鳴っていて思った。


自分の屋根の上を意識する人はあまり多くないのでは。
)と。

実際僕の現在宅の屋根の上はどうなっているかしらない。


やばい。

もしかすれば昨夜は屋根の上で
猫の生け贄祭が行われていたかもしれない。

昼には鳥人間コンテストとかも行われてるかも。

洋服の青山がクリアランスセールを開催してるかもしれない。


ってあるわけないやろうけどさ。


ま、
それだけ自分の視野って狭いんだろうな。
って
どんだけわからんことばかりで幸せに暮らしてるんだろうか。

ってしみじみ思うよ。



エル
DSCF060728_1.jpg


すごく楽しいことの後には

必然的に

すごく寂しいことが待っていると思う。



すごく後ろ向きっぽい言葉やけど

すごく前向きに

それを受け止めていけばいいと思う。




京浜東北線の電光掲示板を見ながら

僕は東京生活に慣れてきたことに気づいた。


宇宙



やっぱりここは






宇宙だ。





DSCF060727_1.jpg


足立区花火大会より
何回も言わせるな
20060726_1.jpg





世界を変えるんじゃない。

自分が変わった世界になるんだ。






辻褄を合わせた世界からそろそろ抜け出してもいいかなと
ふと思った。

自分の興味にただ突っ走ってもいいかと。



今日は晴れた。

天気予報が100%間違えた。


晴れたら暑いじゃないか。って
今日は人の責任にしてみた。



ビアガーデンに先輩と行く。
新しい出会いは悪くないなって僕は何時も思う。



厚い雲と蝉

そろそろじゃないのか。

お盆休みまでの夏の暑さが好きなので
こんだけ雨が続くと
夏が短くなってしまうと危惧する。


我慢ならんと言うように
蝉が弱々しく泣き始める。



ツタヤでボブディランを借りた。


「ボブディランはまだ鳴っているんだろうか?」


ボブディランと4.5畳はよく似合う。
なんでやろね。

目薬

目薬を先に差す目が
きっとあなたの利き目ですよ。


だってその目、お疲れなんですもん。



っと今日も仕事中なのに。


今日もおつかれさまでした ^^




ちなみに僕は、左目ですねん。


東和そーらん
20060723(002).jpg


近くで太鼓の音が鳴った。
徒歩2分程度の小さな公園で小さな盆踊りをしている。
地元の子供がやけに多く
少子化のニュースを一瞬疑うほどだった。


最近はお金を使わなければ遊べない事柄ばかりが頭を過る。

無意識のうちに
お金を使わなければ遊んだ価値を見いだせないようになってしまったのか
とも一瞬また疑う。

スケールのでっかいハリウッド的洋画より
コジンマリした安っぽいミニシアター的邦画のほうを
僕は好んでしまう人間なんだと思っていたのにね。


でも今日の盆踊り。

ずっと見てたかったなぁ。


おばちゃんばっかりの踊りだったけど ^^;






アヒルと鴨のコインロッカー アヒルと鴨のコインロッカー
伊坂 幸太郎 (2003/11/20)
東京創元社
この商品の詳細を見る


「楽しく生きるには二つのことだけ守ればいいんだから。
 車のクラクションを鳴らさないことと、
 細かいことを気にしないこと。それだけ。」


これまた映画化されるらC。嬉C。

江ノ電
DSCF060722_1.jpg


江ノ電に乗った。
乗った時の匂いは何故か懐かしい感じがした。


彼女は言った。
「一人でこっそり海外に行ってきたよ。
 会社の人には内緒で。」

彼女は最近仕事を辞めたそうだ。

海外に行くと行っている。


僕もどっか行こう。

もちろん年休も取れないぐらい、短い小旅行なんだけど。

一つの文字

自分を一つの漢字に当て嵌めてみるなら。


う。わからん。


自分を一つの色に当て嵌めてみるなら。


苔色とか鶸萌黄
とかでしょうか…



もう少し、自分を知りたい。


スタミナ
20060720_1.jpg


今日の夜のビックイベントうな重を逃す。

久しぶりに会った友人とつい話が弾んでしまったから。


仕方ない。



うな重はスタミナ料理だ。
焼き肉定食はスタミナ定食とも言われる。

だがしかし、
本当にスタミナが漲ってきたことがあるのか。

よく考えれば訝しい。



ただ食べたいだけの口実じゃないの?


ん。それでもいいかな。


ストロベリーショートケイクス

DSCF060719_1.jpg



あ。そっか。



それでいいのか。

それがいい。

それだけがいい。




安堵。






Strawberry shortcakes Strawberry shortcakes
魚喃 キリコ (2002/12)
祥伝社
この商品の詳細を見る


ナナなんと遂に、映画化されるらしいね。
加瀬亮も出てるみたいだし。

ナナナンさんの線を、巧く表現してくれればいいのにな。




モーニングveloce


僕が外に出ると雨脚は強まるような気がする。
被害妄想会。発足。


朝、雨露が大量についた傘を折り畳んで
ベローチェでアイスコーヒーを啜る。

「おはようございます。」

の挨拶が絶えない店の隅で僕は時間を持て余し
今日もぼんやりしていると急に眠くなってしまうのだ。


これからも無意味な早起きを楽しみたい。

これからも一生。


存在感を示さんばかりに彼らは雨を降らす。
もうすぐそれも終わるだろうから
ちょっとだけこの天気に辛抱しようと思っている。


ノーサンキュー
DSCF060717_1.jpg


缶コーヒーの呑み残しを零しても昼寝してしまう
自分の図太さをどうにかしたい。

ちなみに
お香の灰も零してしまった。


ナイスな連休最終日。





友人から貸してもらった。


ノーサンキューノーサンキュー ノーサンキューノーサンキュー
土田 世紀 (2005/10/28)
小学館



んだが…
無名にしては結構やってくれた感があったね。

風になれ
20060716(005).jpg


独り言でつい。

「意味ないじゃーん」
と言ってしまった。

関西の皆さん、ごめんね。



プロレスを日本武道館で見た。

ちょっとうるっと来て
相当鳥肌が立った。

プロレスラーはみんなが憧れる歌手や俳優と
同じかそれ以上じゃないかって思った。


「オーディエンスを虜にする要素とは何なんだろう。」

真剣に考えてみていた。


蒼穹
DSCF060715_1.jpg


夕立後のアスファルトの匂いは絶好調に蒸し暑く
そして結構嫌いじゃない。

夏バテ気味のようです。
しくった。


今日久しぶりに
テレビが見たいと思っていた。

だが目的の番組は深夜なので
買っても意味がないんだろうな。ってまた諦めの口実を作る。


気のせいかこの町は
中華料理店と100円自販機が多く
風鈴の音をよく耳にする。



そんな町ん中で今日も僕はぶらぶら。


swinging your heart
DSCF060714_1.jpg


蒸し暑いのは
気候のせいなんか、はしゃいだせいなんか。

とりあえず
あつがなつい。


とうとう来た。


昨日も週末遊びに余念がない。

酷く疲れるのは毎度のことで。

これからも限界に挑戦します。


「金曜の夜と土曜日曜があるから僕は働く。」


そんな変な理屈付けをしたwork styleもありだな。


帰り道、そんなことを思っていた。
シャツはいい感じにべとべとだった。
エスカレーター
20060713(001).jpg


短いひと時にこそ
なんだか面白さを追求したくなる。


例えばエスカレーターに乗っているたった何秒かの世界で
いいことを思いついてみたり。

一人で笑みを浮かべてたり。


今日も意味がわからん。


西の方がやたら明るいと思っていたら
今季初の夕立が降ってもう止んでいた。

梅雨明け
DSCF060712_1.jpg


外もそろそろ太陽がお目見えしたくて
しょうがないような天気になってきた。

会社からの小さい窓から見えた青空に
ちょっと感動してみたり。


梅雨明けの素晴らしさは、そこにあるような。


配属されてから一日が異様に早い。

自分の微力さには薄々気づいていたが
その衝撃を和らげることに必死の毎日だ。


んでも
明日も早起きするぞ。
んなろ。


シュガープールでつかまえて
DSCF060709_1.jpg


週末の話。



雨には悪いが少し曇り空に飽きてきた。

でも湘南で海に浸かってみた。

表参道までお香を買いにいく。それだけのために。

Nakata.net Cafeの行列がいじらしかった。

やっぱり先週のことで疲れてたのか、よく寝れた。


いつもよりオーディオの音量を上げることにした。

埃で汚い鏡を買って初めて拭き取った。

意地になってしまって未だにエアコンをつけれない。

シャンプーの詰め替えの時期であることに気づいた。


それんしても
そろそろお布団を干したい気分。


もーそろそろ、晴れようよ。


ってグレてみたら
週明け、今日の夜は奇麗に月が出ていた。



北のことが旬で
また報道人が次から次へのやんや騒いでいる。

「なんであんなことしたんだ?」


彼らの意図が全くわからない。



でも彼らの話(一部)を聞いて(しかも他人から)僕は思った。

情報が右往左往して何処でもそれが手に入る世の中だ。

情報をやたらと開示する人間が
決して全て正しいとは言えないんじゃないか。


「敢えて情報を閉じ込める。」


そんな人たちがいてもいいんじゃないか。
なんて皮肉にも思ってしまった。


相手を弄って得る安心が
Peaceに繋がるとは決して思えないんだよ。


送別
DSCF060706_1.jpg


昨日で研修が終わった。
みんなより一足先に。

二日酔いで朝目が覚める。
最低だよ。
配属初日がこれじゃぁ。ね。


僕の話を聞いて彼が言った。
「社会人にもなってそれは凄い。」
学生と社会人には何故か大きな壁があるように思えていた。
なのに昨日は学生みたいな送別会をしてもらった。
酒場のコースターに寄せ書きなんて。ね。



多分こんなとこじゃ書ききれんくらい。
感謝ばかりしていた。


楽しかったなぁ。

ferewell in Shinagawa
DSCF060704_1.jpg


毎日は後悔だらけでしょう。

「ああしとけばよかった。」

なんてことは毎日続いてしまって募りに募るばかりです。


でも
後悔があってこそ
自分を諦め切れていない証拠である。

後悔=希望だ。


強引に。



東京タワーに偶然会えて

今日初めて東京を実感できたように思う。

あそこはどこだったのかよく覚えてないんやけど。



あかん。

今日はマジ嬉しかったぜぃ。


東京来て、良かった。



あんがと。

episode1


昨日は学生時代の友達との再会を梯子した。

変わって欲しい反面
変わって欲しくないと皮肉る自分がいる。

なんとも。

でもモチベーションをあげるためには良い刺激になる。


東京にきてエピソードワンが終了した。
今日からはもっと一人前になれるように頑張ります。


今日の記事

チベットいきてー。

グーグルなんかすげー。


言い切れない
DSCF060702_1.jpg


「すべてが~でない。」

「~んだと思うよ。多分。」



言い切れない悲しさと

言い切らない優しさ。



でも
Polarisの檸檬
幾億万回でも聴ける自信があるんだ。


瑣事
dscf20060630(003).jpg


膝の裏に汗疹が出てきたよ。


夏だな。


今日は池袋で遊んで
綾瀬からチャリで狭い水路を遠って帰る。


紫陽花は花びらを落とさずに散るから偉いと思った。

と同時に
毎年見ていた京都の蛍を思い出した。


網戸からの風がまだ心地よい。

打ち上げ花火の音は
東京(ここ)で聴くことはできるんだろうか。


もうすぐ夏だな。

いんや

もう夏なのである。


copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。