w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ふりがな


中国では

癒し系のことを

温情

柔情

温柔

というらしい。


昔、井川遥は「癒し系」なんて言われてた頃が懐かしいよ。



中国の先輩と話をしていて

中国語の「ふりがな」が気になって質問した。

やっぱり、漢字がふりがなになるのかなって。


漢字に漢字。

いい感じに…

ふりがなやのに読めへん…

とかありそう ^^;


重…




質問の答えは、妄想でお願いします。



スポンサーサイト
ゲキテキでソボクな
DSCF061128_1.jpg



おーるうぇいず。

まんなるじょんなる。

毎日。




素朴で

かつ

劇的な



生き方を。




つり革広告



センスがない。

汚い文字の羅列と

品のない芸能人の顔がいっぱい載っている。


つり革広告。


でも見ちゃう。

読んじゃう。



週間なんちゃら。



不毛なセンスを万遍に。

それでも

視線を引っ張られちゃう。


たぶんこれも

センス。


するっと
DSCF061126_1.jpg



明日、雨らしい。

折角靴磨いたのに悔しい。



期待されることばかり

考えるのはしんどいよね。


色々理由付けしているせいで

最近は「夢中」になることがない。


あぁ、やりたいこと、正直にやろ。



その瞬間

するっと何かが抜け落ちる感じがした。


遠回り
DSCF061124_1.jpg



もっと


遠回りでいきましょ。


no ginger
DSCF061122_1.jpg



一番きまずい状況の中

平気で笑みを出せる人間に。




英会話の講師がシャレをいう。


no ginger


生姜がないから。

しょうがない。



ほんと人を責めても

しょうがないよな。


と思った一日。


東京うどん


駅前で立ち食いうどんを食う。

店のおばちゃんを見て

何故か母を思い出す。


寂しくはないんだが。


なんとまぁ。

親孝行できてない自分を少し責めた。

汁が濃かった。


東京うどん。



家に着いたら

抱えるのがやっとの荷物が届いた。

コンビニまで必死で抱える母を想像する。


あぁ、やっぱり自分を責めてみた。



東京ナイト。



だいなみっく

誰でも解けそうなTOEICの勉強をしてると

こう先輩が言うんです。



  できそうなことをしても面白くない。

  できそうにないからやりがいがある。
                    」


もっとダイナミックに生きようじゃないか。


で、おもいきって

英語の小説を買った。



すみますぇん。

もう少しで面白くない人間になるところでした。



りすぺくと。っす。


イベント貧乏
DSCF061117_1.jpg



ブログを運用しているサーバのハードがぶっ壊れたようで
一部過去記事が見れない状況になってしまい

ちょいとブルーです。

も少ししたら復旧するでしょう。
たぶん。




普段は結構節約しているつもりなんだが…
お金がない。

理由は簡単で
イベントにお金がかかっているからだ。

今月は酷いもんで
月の始めからぶっ飛ばしたため
今月末は毎日瞑想するしかないだろう。

だがしかし
金はないんだが、貧乏じゃない。
気持ちはいつも満腹な感じだ。



いつまで経っても


利口になれないなぁ。


ま、仕方ないよな。


大甕出陣


茨城県の大甕に行って来た。


会社の研修の一つだった。


いい所だった。



同期がいっぱい集まったので
テンションもあがってしまい

かけっこして
階段で転んだ。

足がつった。


むっちゃくちゃ楽しかったんです。


Aquos携帯

Aquos携帯で通話している人を初めて見た。


思わずふいた。

牛乳ファイト。

おもろい。



その人はテレビの画面に耳をひっつけて
会話をしてました。


もしかすると
ニュース23を必死に聞いてたかもしれない。



想像すると、なおおもろい。



風を想う
20061110(002).jpg



「いい夜だなぁ」

脳みそがぐじょぐじょになるほど

耳を逆立てながら

目をジンワリ沁みらせる。


自分の中に

瞬間(introduction)、宇宙が現れた。


目を瞑ってたら

色んな人が通り過ぎて行った。



近くにいるのに遠くを見つめるような声と

遠くにいるのに近くから囁くような電子音。


彼らが奏でるメロディーは

風力発電のような柔らかさが感じられる。


受け入れられないものは

ただ自分自身のみなのだ、ということも受け入れて

ぽっと何かが解き放たれる。


奇麗な月の下にいるようだ。

風の音も聞こえる。

木の葉の陰が揺れている。

そして小さな笑い声が響くようだ。


彼らは連呼する。

「ほんといい夜だなぁ。」



帰り道の夜。

表参道を散歩する。



新感覚ライブ。

実にいい夜だった。




Shibuya-Ax:Polaris Waking Music Tour 2006より
0%



朝、いつも奇麗な朝焼けですな。



寮のおばさんが言った。


「寒いねー。


 でも星が奇麗でしょ。


 空気が澄んでるからね。」



早起きの醍醐味だ。


それだけで一日がいやされる気がする。





今日も降水確率0%。


頑張ろうぜ。

待冬



さむぅ。


夏物スーツに風が透ける。



冬は


3番目に嫌いじゃないし




また楽しみっす。



this is cav

DSCF061104_1.jpg



あぁ俺幸せや。


って思える瞬間がいっぱいあったことを思い出した。




人に対して


感謝できる人間でいようと思う。



あったかい気分になれるから


本気で笑える気もする。




一生続くって


何となく覚悟できる。




なんのために頑張ったか


なんとなくわかってた。





楽しかったー。


ありがとう。



食う。ヒタスラ食う。

腹が減った。

東京駅の中華屋さんでチャーハンが目についたので、走り寄る。

夜行バス出発30分前。

チャーハンを注文したが「売り切れ」だとバイトの中国人。

弁当ならアルよ。

と言われてじゃそれで。

と買ったはいいが、

870円。

チャーハンの400円とは大違いで

でもトッサに「下さい」と僕。

あぁ切ない。

バス発車まで時間がない。

ない。

食う場所がない。

こっそり東京の道ばたで食うか。

大荷物が邪魔。

あぁでも車内で空腹でそれでどう寝ろというのだ。

迷ううちにバスの中へ。

ラッキー。

一番再後尾。

人がいない。

よし。

食える。

今なら腹を救出できる。

ぬお。

食う。食う。

中華の弁当を一気に食う。

喉に詰まる。

ウーロン茶はサントリーが潤す。

ぐびぐび。

違う。サントリーのウーロン茶だ。

何故かミートボールがいつもの味で一番うまい。

うんまい。

バスの中はなま暖かい匂いが充満してるに違いない。

ここは大阪魂。

電車で551食うよりましやろ?

食う。

食った。

ぷふ。

バス酔いだけは

マジ避けたいから寝ます。

おやすみ。

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。