w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
重力



仰向けになり、ボールペンで字を書こうとする。

するとインクが出なくなる。


思わず、インク切れを疑いたくなる。



細いボールペンの筒の中にあるインク。

当たり前だが

そこにも重力が生きている。



おぉ。

地球って素晴らしい。


スポンサーサイト
コーディング

法則。


コーディングに嵌ると気持ちの急降下と急上昇を
一日に何回も繰り返す。

実にヘビーに。辛くて楽しい。


ただ
左手の爪が潡々削れていく
諸刃のお仕事でもある。


折角伸びた爪が物の見事にまた減った。


まめじゃない
DSCF070226_1.jpg




「俺、まめじゃないから。」


相手も自分も傷つけない

実によい言い訳だと、ふと思う。



きさらぎ
DSCF070225_1.jpg



寒緋桜と大寒桜が上野公園で奇麗に咲いている。

ヨロヨロと大勢賑わう下町を歩く。


時たま芳しい食べ物の匂いがして、またいい感じ。

最近いっそ、上野ライク人である。


今年の二月(如月)も28日しかない。
他の月よりたった3日、短いだけなんだが
二月は
一年の早さに拍車をかける原因のような気がしてきた。



って
うーすまん。二月。



Bahashishi

心の世界 心の世界
Bahashishi (2006/05/24)
Aer-born
この商品の詳細を見る



これ、まんシブ。

「心の世界:Bahashishi」

XYZ
DSCF070223_2.jpg


ん。

謎だ。

解けん。


またもや。やられた。


~写真:シンオチャの掲示板


アカルイミライ
DSCF070222_2.jpg


まさしく

向日葵の種だった。


あの少年が食ってたのは。


我孫子方面へ続く千代田線、綾瀬駅で彼は乗って来た。


かくん。
ぽりぽり。

かくん。
ぽりぽり。



大きな円柱のタッパに

種の殻も沢山混じらせながら。

毎秒0.5個という猛スピードで。

巧みに殻を顎でかち割りながら。

彼は向日葵の種を食い続けていた。


読書をしていた僕は

一瞬

あらぬ世界へ吹き飛ばれたかのようになり。



彼をただ見つめてしまうだけだった。



ここは何処?
私は誰?



もう既に夜だというに

暢気にそそり立つ寝癖。


しかも彼は、

裸足にサンダルだった。





うぉ。うぉぉぉ。

ニッポンの将来は、なんて明るいんだ!!!

ふんが!


大概
DSCF070220_2.jpg



大概、

無意識に持ってしまった「確信」は『現実』になる。



しかし大概、

思い巡らし続ける「理想」は『現実』にはならない。



そしてほぼ、

頑張って絞り出す「想像」も『現実』にはならない。




まぁただ、

勝手に巡らす「妄想」だけはたまに『現実』になったりする。



チルドレン
伊坂幸太郎原作の「チルドレン」が
遂にDVD化。


『そもそも大人がかっこよければ、
 子供はぐれねーんだよっ』



DSCF070218_2.jpg



愛の嵐 ~結婚行進曲~
DSCF070217_1.jpg


DSCF070217_2.jpg


ゴージャスな式場といい

うんまい飯といい

シアワセそな友人といい

べっぴんな嫁さんといい

完璧な余興の披露といい。


一日終始笑いまくり

結構俺もシアワセ。



あー楽しかった。


ほんまおめでとう。





2時間待ちました。
DSCF070215_1.jpg


「2時間待ちました。」

新御茶ノ水駅で2時間待てるのね。

凄い。


けど、大分切ないね。


写真:しんおちゃの掲示板



ブログ writes インテンド
DSCF070214_1.jpg


日記を書きます。

その理由が、書きたいから書くのか。
      見せたいから書くのか。

ふと気になります。


ぶっちゃけ
      見たいから(自分が)書く。

が一番だったり。


はい、とゆうことでみなさん、今日も早く、寝ましょうねー。


写真:朝にも荒川静か

朝の荒川は静か
DSCF070212_1.jpg


いい写真やと思える一枚が
久しぶりに撮れました。


朝一、散歩。

公開カラオケin Shibuya
DSCF070211_1.jpg


渋谷のとあるカラオケ屋


カーテン全開で

踊りまくってたら

通りすがりの人たちが見てくれました。


調子に乗って

サングラスと白い手袋をはめて

練習中の踊りを

一層激しく踊りました。


だがしかし、見てくれたのはちらほら。


渋谷ジャックまではまだまだ道のりは遠いようだ。

学生気分に戻れて気持ちよかったぜい。


ピョンファエノレ


梅の花がちらり。

プラス

何故かにわか雨に打たれる。


くっそ。


あんにょんさよなら。

機会があれば見たいねー。


手間
DSCF070209_1.jpg



「これからは何事も手間を大事にする時代です。」

と、なるべく物事に時間をかけなければならない時代がくる事を

僕は祈っている。


最近の世の中は

何かあればコスト削減だ、

効率化だ、

って。


もううんざりしている。かも。

効率化率効。

なんだか会社ん中の問題に偏りすぎているようで
自分たちの「お客を想う姿勢」が全く見えない。




二十何本ある歯を磨くのに一時間かかったり
風呂の湯船に三、四回繰り返し浸かってみたり
帰り道は道に迷うくらいの寄り道したり。


鼻で笑ってしまうくらい
そゆのって、大事じゃないかな。と、今日も一人、戯言。


当りマエ


当りマエの話だが


「幻滅」があるから

「期待」がある。


世の中には

上り坂の数だけ、下り坂があるように。



当たりマエなのに、

それを聞くと何故か安心してしまう。




死神の精度
DSCF070206_1.jpg



伊坂幸太郎は満員の通勤電車の強い見方です。

苦しさも忘れて読んじまいます。


--

「『世の中理不尽ですよね』気が利いているようでいて、
 実のところ何も言い表していない、という台詞を私は言ってみる。」

「『あんなにたくさん人がいるのに、
  あの中に人を殺したことのある奴は一人もいないんだぜ、すげえだろ?』
 『俺がもっとすごいことを教えてやる。
  あんなにたくさんの人がいて、人間の事で悩んでいる奴は、
  多分、一人もいない。』」

「『死にたくないけど、どうせ死ぬなら』
 彼の目は焦点が合わなくなった。
 『最前じゃないけど、最悪でもない』 」

--

「優雅で、切なくて、不思議な感じがします。」

死神の精度より。



死神の精度 死神の精度
伊坂 幸太郎 (2005/06/28)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


定義とイメージ
DSCF070205_1.jpg



近頃感じる事。



物事に対する「定義」とは

モドカシク、難しく、意味があまりない。


物事に対する「イメージ」とは

イサギヨク、安易で、結構大切なような。



結局

イメージという錯覚の積み重ねが

人間の勝手な定義になったはずのように思える。



他人に「あんたはこうだ」という定義を植え付けられるくらいなら

毎回違ったイメージを。


与えてやりなさい。




六本木メカトロニカ:日本の表現力
DSCF070203_2.jpg


DSCF070203_1.jpg


DSCF070203_3.jpg


明和電気の社長に二回目に会った。
というより、見た。

六本木メカトロニカは、国立新美術館日本の表現力の閉幕イベントだったようだ。
近頃は「メディアアート」に益々興味を持つようになってしまい、
初心者ながらHPを探っていた所
明和電気のとんでもないライブに行き着いた。

ライブは少々マニアックで
社長はメカオタクであるが
実にユーモアが常に沸き上がっている感じがして
それでいて
馬鹿だった。
いや、阿呆だった。

39才にしてあの阿呆っぷりは真似できない。
阿呆っぷりたっぷりで
人を笑わし喜ばせていた。


「阿呆っぷりで負けたのは大分悔しい。」

後13年でもっと阿呆になれるように
僕は頑張りたいと思います。


展示の「日本の表現力」。

昔のアニメやエンタなどが展示されていた。
ドラゴンボールの音楽を聴いたと同時に気持ちが小学生に帰る。
やっぱり、子供の頃の記憶は霞んでいるようで
鮮明であり、僕らの心に何かしら刻まれているのだと実感する。

そして現在のテクノロジの展示。
「見て」「感じて」「繋がる」。
テクノロジが人を幸せする。
やっぱりそれは将来を予感させる明るい物だと実感する。


国立新美術館。
新しくできたらしい。
実に奇麗な建物で、カメラ持参でウロツく人が多かった。
僕もその一人。


今日は結構満足した一日。

もちろん空も奇麗だった。



E

昔よく聞いた懐かしい歌を久しぶりに聞くと

なんだかあの頃のあの季節の匂いやら空気やらを思い出す事ができるが、


懐かしい歌ってのは不思議と

久しぶりに一度聞くだけで満足で

通勤時間のように、毎日聞き繰り返すほどではない。



(あの頃はあんなに聞いても飽きなかったのに…)




つまり、

過去は「やっぱり過去」だという事なのかな。と思う。

言い換えると

人間はやっぱり日々変化していると言う事でもあると、前向きに捉えてみたい。



undercurrent2

今日もおそらく色んな所で色んな事が起こる。


昨日、報道された交通事故の悲劇は

ナニガ基準で

ナニガ目立ち

メディアに流れるようになったのか。



数多く起こる交通事故の中で

ナニガ、メディアに報道されるほど、

珍しかったのか。

死んだ彼らはナンデ選ばれたのか。



例えば

あんたが死ねば。


メディアに報道されたいですか?



なんて今日はシュールに。





アンダーカレント  アフタヌーンKCDX アンダーカレント アフタヌーンKCDX
豊田 徹也 (2005/11/22)
講談社
この商品の詳細を見る
朝?
DSCF070201_1.jpg



例えば長いこの人生の中で



夜更かしより

早起きの方が得意だ。



という馬鹿な事が言える時期も

あった方がいい。



今は、けっこうそれ。な気分。


copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。