w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
キョウトシミル。
DSCF071124_1.jpg

DSCF071124_4.jpg

DSCF071124_2.jpg

DSCF071124_3.jpg


京都市見る。

仲間と腹抱えて笑って心アッタマって。

遊びに行きました。




朝日をも日中の日射しをも夕日をも

宿の窓からもお寺の隙間からもバスの中からも

イトオしいと思える京都。




僕もいつかこの深紅のようになれますように。

京都沁みる。

スポンサーサイト
ポイゾン




言いたい事も言えないこんな世の中じゃ…



ポイゾン♪







仕事中にたらりららん。

と鼻唄。


マニアックがいい


買い物に行くと
「あぁ、それしんがん好きっぽいね。」

ってよく言われるし


先輩に好きな映画や本の話をしたら
「B級志向だけど、一筋のポリシーはぶれてないね。」

て褒められたり


後輩には
「チョンさんマニアックなんですよ。」
とこれまた褒められたり。


嬉しい事づくしです。


最近めっきり寒いですが
この季節のクリーニング屋さんから漂う匂いが
たまらなく好きなのは僕だけでしょうか。

昔の祖母の家も、服がたくさん並べてあって、
確かあんな匂いだったような気がします。

アイロンの… ん… 何とも言えない匂い。




大人はわかってくれない


十分いい大人になっているはずなのに


未だに


やっぱり大人はわかってくれなさそうだな。


と一人呟いてしまいそうになる。




全く自分が話す事は若者のためになる。だなんて

心底疑いなく喋っている様を見て



ただの価値観の押しつけにしか捉えられない僕も

やっぱりそんな大人に一人なんだろうか。なんて思う。



他人の武勇伝こそ

もっとも興味の持てない話はない。



それを大人になれば誰でも

口から出して他人に知ってもらいたくなる物なのだ。




生理的なもので

わかり合えなくても

根本的にわかり合いたくなければ

わかり合おうと努力する必要はない。


と言い切りたい。






自虐の詩
自虐の詩ナビゲートDVD いつまでも七転八倒 ~森田幸江 篇~ 自虐の詩ナビゲートDVD いつまでも七転八倒 ~森田幸江 篇~
中谷美紀;阿部寛;遠藤憲一;カルーセル麻紀;松尾スズキ;竜雷;名取裕子;西田敏行 (2007/10/03)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る




十何日連続出勤の呪縛から解き放たれ、

美しい快晴に今日は心奪われながら

早朝からこの映画を見に行った。


昼間っから一人映画館で泣きじゃくってしまった。

背景が大阪というのも気分を高揚させたのかも知れない。


いつの間にか常連になった

やよい軒の「なす味噌としまほっけ定食」も実に美味しい。


東京は日が沈むのが早いから

昼寝をした後は、空は真っ暗になっていた。



今日はゆるり休日。

そんな休日。




職人肌


僕の人生は


「これしかできない」


って。


DSCF071117_1.jpg


死ぬ前なんか



「これしかできなかった」


って。



「他にはなにもできない」


なんて。




生き方が非常にかっこ良く見える。


たぶん憧れてる。




つぶされない


潰されないように頑張るから

潰される。



むしろ潰されしまおうと受け入れて見たら

案外潰されない。





街の葉っぱが色づき始めてきて

ようやく秋と冬を感じています。




仕事を黙々としていて

自分はうまくやってるって嘘をつきたくなりました。

あーそんなことは駄目だ駄目だ。



でも嘘って…

何がいけないんでしょう?



とふと思ってしまった。



人間しかできない特技なら

笑って受け入れてみるのも、なんかありかな。



みんな、大嘘つきになってみればいいんだよ。




こんな空気感
DSCF071111_1.jpg


固執する訳ではないけれど


「こんな空気感」を一生保てる人間でいたいなー


とふと思う。




もちろん一言では言い表せない空気感。なのです。




例えば冬場の近づいた朝日を見て

はぁーっとため息を零し続けるような、そんな空気感。




ルー大柴って


ちょっとEnglishまじりで話すと

みんなから

「お前、ルー大柴か」と言われて

ルー大柴ってすごい人なんだと思った。


英語混じりで日本語を話す人って

あんまりいなかったんだろうなー。


ある意味、彼は先駆者なのだ。



なんか、変な踊り(もったいないもったいない♪)

踊ってるけど。


オーダーメイド


二日連続お終電おめでとうございます ^^

明日はニンニクの力でも飲んでみます。



オーダーメイドでスーツ、買いました。

大人です。

到着には3週間かかるらしく、その日が待ち遠しいのです。


こんな気分はいつぶりでしょうか。


一日一日がため息が出るほど待ちに待つ。


うーん。ウブな自分。


記憶に残る物
DSCF071104_1.jpg


福岡に向かう飛行機の中で面白い事を耳にした。


「人の記憶に残りやすいのは
 不思議な事に、匂いと音楽なんですよね。
 人の視覚って実は記憶に焼き付かないんですよ。」


確かに

夕焼けの素晴らしさや
あの子の笑顔とか…
人はきっちり覚えられない。

でもあのときの匂いとか聞き覚えある音楽に懐かしんだりとか。

聴覚と嗅覚は人に戦慄を与える事がある。



百聞は一見にしかずと言うように
人は目で見て納得できない事が多いが

納得する事とは逆に忘れ易い事柄なのかも知れないなーと、思う。



妄想を掻き立てるのは音楽と香り。



だからなのかもしれない。
カメラを未だに辞められずにいるのは。


物忘れが激しい僕だから、なおさらなことなのかもしれないが。


どうでもいい
DSCF071103_1.jpg



世の中、

本当にどうでもいいことばかりのはずです。



頑張って世の中の動きに傾聴する必要も無いはずなんです。



そう思うと、

生きる事は幾分楽になるはずです。



かもめ食堂
かもめ食堂 かもめ食堂
小林聡美、片桐はいり 他 (2006/09/27)
バップ
この商品の詳細を見る



ゆるすぎる。

こういう生き方したいなーと、映画見てずっと思ってた。

昔、「やっぱり猫が好き」って番組があったが、

あれはゆるゆるの先駆者的な、或る意味時代を先読みした番組だったのかも知れない。



それにしても、

フィンランド行きたい。







残念ながら


残念ながら


「自分が会社のために働いている」

と実感した事は一度も無い。



良い意味でも悪い意味でも。


だからって会社が嫌いな訳じゃないんだが…



copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。