w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
アンバランス

毎月新聞毎月新聞
(2003/03)
佐藤 雅彦

商品詳細を見る



この本の98ページに
「取り返しがつかない」という面白いコラムがある。
中身はお楽しみということで、
このコラムを読んで思いつく節が自分にもあったのだ。


先月幼馴染である友人が死んでしまったのだが
その子の死に顔がたまに脳裏を過ぎる。
いや、恐らくこの先一生忘れられないはずだ。

それくらい、僕にとって「知り合いの死」が
心の蟠りを深いものにしていた。


それでもやはり人間というのは
自分の中の大切なものが抜け落ちたとしても
どうにか「自分というバランス」を保って
日々をなんともないように暮らしていけるのだ。

しかしそもそも
「なんともないように暮らす」とはどういうことなのか
僕らはわかっていないようにも思う。



『僕の中で何が無くなればバランスが崩れるんだろうか?』

『どんな人がいなくなれば、自分ではなくなる?』

『どんな食事が自分にとってバランスがいいものなのか?』



そんなことを突き詰めれば
自分はどんな人間か。なんてことも、
自分のしたいこはなんだろうか。ってことも
ぼんやりと見えてくるんじゃないか。って思えてくる。


知らず知らずのうちに
自分がバランスを崩していることを
僕らは気づかずに生きているに違いない。

それは僕らの周りには何でもかんでも物は揃っていて
自分の道についても様々な選択肢が用意されている、
そんな世の中になってしまったからだと僕は思う。


自分自身のバランスを蔑ろにしないということは
きっと自分にとって大事なものを気づけて
一日一日をもっと大切に生きれるということではないだろうか。



スポンサーサイト
catalina home


休日。かたかた家に閉じこもって。
かたかた。プログラムしてます。


傍らから「キセル」のゆるい音楽で部屋は満たされ
僕の気分もいつのまにか満たされ

あ。満足。ご満悦。
ってこういうことなのか。と実感する。


久しぶりに捻出された「満足」だった。

DSCF090211_01.jpg


この前財布を見ると1円玉が20枚くらいになってて困った。
偶然にしてもなんだか経緯を想像すると
その状況に少々笑えてしまったのだが

今になってもその1円玉が何故だか減らない。

どうにか財布の膨らみを解消させたいのだが
とおもいつつも
やっぱり1円玉を出し渋っているところが
ま、自分の憎めない部分なんだろう。と

今日もしょうもなく、思う。


dazzle
DSCF090209.jpg



「お香の匂いがするのがチョンだろ。」
と久しぶりの友人に会って言われたので
行きつけのお香屋さんに行った。

冬の森っぽい香りをください。
とおねだりしたら店員さんが快く
探してくれたお香を買って満足する。




フィンランドの本を読んでいる。
以前ともに学んだフィンランド人の留学生を思い出す。


ストイックなのにストイックでなく
楽しいときはめーいっぱい楽しみ
おちゃらけがうまく
でも溶け込みすぎているわけでもなく
勤勉ででも真面目すぎるように見えなくて。


生き方が自然体で。
軽くてでも深淵な感じがした。



冬の森のような。
そんな懐かしいイメージを思い出し。
ただただ電車の中では心地よく、まどろんだ。


案外



江戸川に散歩しに行こう。
と夕日が沈む前に決心したんだが
外に出ると案外。
風が強くすぎて寒くて
河川敷行きは断念した。



FinePix6900zが復活して
いい気になって
潰れかけチャリに乗りながら
坂をかけあがって。
やはり。
一眼は何かが違う。
ファインダー越しからの写りは
僕をやけに刺激してくれる。



彼女が言ってた。
「東京はなんでも揃っているけど
 なんにもないね。」


自分の五感を振り絞って
なにもないこの東京で
なにがあるか見つけてみようって。



6900z君を持ち歩いていれば
なんだかそれができそうな気がするから
実に不思議なのである。


DSCF090208.jpg


なぜカンボジア




カンボジアにまた行く夢を見ました。
遠くの場所が。点が。かなり恋しくなりました。



グーグルアースは地球の海まで見れるようになったらしい。


それを使うことはすごくファンシーな感じなんだが
自分の中で壮大なものと畏怖している地球が
ちっぽけなもの枠の中に入ってしまうことが
なんとなく残念に思えてしまった。


copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。