w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ライフ in モレスキン
RICOH_20110131_1000.jpg


 自己の表現は、見た目は平面的で線的なものであっても
 同時並列で立体的で、かつ多角的に。
 
 人間の人生はどうあがいてもちっぽけでありながら
 デンジャラスでパワフルでフレキシブルなのである。

 最近仕事をしていても、「個」という枠組みが
 窮屈で仕方なく、時々思いつきで行動してみたり、
 気分だけ宙に浮いて、人の話も聞けずにいることがある。


 そんな自分が嫌いなわけではなく、これからも
 そんな自分を大事にしたい想いで実はいっぱいの僕なのである。



 そんな折買ってしまったモレスキン。
 
 無機質な白紙に。
 もっと自由がままに。
 表現ができるのだろうか。
 
 あーできたらいいのにな。

 
 my life in MORESKINE。



RICOH_20110131_2000.jpg

スポンサーサイト
力尽きつつある秒針
RICOH_20110130_1000.jpg



 時計の時刻が明らかに遅れ始めている。

 もはやあてにならない状態だ。

 しかし彼は恐らく、残り少ない電力と共存しながら
 
 少しでも時間を進めようと必死なのだ。


 新しく電池を買ったのだが

 「使い切る。」という自分勝手なエコ魂に則り

 時計の行く末を見守ろうと思う。



 このごろになっては、一日にするべきことが多すぎるようで
 
 もっぱら、詰め込みすぎてしまう毎日を送ってしまっている。

 なんだか立ち止まることが惜しくて

 あたふたと、部屋中をうろうろしてみたり。

 
 年をとる毎に、落ち着かなくなっていっているみたい。


 これは追われているため?

 これは自分がそういう性分であるがゆえ?



 時計の針を追うのも、億劫な自分がいる。

 力尽きかける秒針の動きのように
 
 この世の一秒がもっと長ければ。

 と思わずにいられない、自分が、やや、憎くもある。





空は蒼いほうがいい
RICOH_20110112_1000.jpg


 遅くなりましたがあけましてです。


 ここんとこ、とことん、寒い。
 うぃんたーそーこーるど。
 
 晴れた日が続きます。
 
 すーーっと。
 抜けきれて冬の空は「何か終わり」を感じさせない。 

 どこまでも蒼いので、それだけで楽しい。

 

 今年も。

 あーそんなことどうでもいいよ。

 とうんざり思うことが多いんだろうけど


 そんなうんざり思う自分をも許せる人間でありたい。


 
 なんとなく。
 
 今年も。

 「突き抜ける蒼」が変わらぬ感じで存在しているのなら。

 
 
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。