w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
何ぞ必ずしも
DSCF051104_1.jpg

書が造り上げた藝術を僕は甘く見ていた。

近代芸術家はまた
何を想って美を追求したのだろうか。

一筆書きといえども
作者の強烈な一瞬が想像され
また
強靭な生き様に魅了され
僕は一枚一枚に
そのまま足を掴まれる感を覚えた。

「以文会友」
「無」
「坐辺師友」

我々は草木以上に
拠り所の無い生き物である。
それ故に淋しさも耐えかねるが
それ故に自由を許された。

僕は終止
心の踊りを抑えることができなかった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
これ面白そう!
今度いってみます!!
2005/11/04(金) 16:53:42 | URL | ぴょこぽん #-[ 編集]
また書いちゃお~っと。
私も行きたくなりました☆

芸術の秋ですなぁ~。
2005/11/04(金) 20:58:40 | URL | haruka #-[ 編集]
はっきり言って
これは、行きですよ ^^

ほんま何しても秋は絵になるね。
2005/11/05(土) 08:52:02 | URL | cchon #-[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。