w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
猫町
DSCF060109_1.jpg

高野橋西にあるアロアロに
白川通りのガケ書房
そして、異空間カフェ猫町

自転車で歩き回った。
手は予想以上に悴んでいた。
と、見ると手袋。穴が開いていた。

「もしもみなさんが同意してくれるのであれば
 俺は電気を止めたい。…
 なぜってもしそうしたら
 夜空は本当にきれいだろうから。…
 夜になったら暗闇にびくびくせずに
 星空を見上げてじっくり観察すれば
 自分がどこからきて何をすべきかなんて事は
 いっぱつでわかると思うよ。」
by やきめし新聞

手書きで書かれていた。
誰が書いたんやろか、やきめし新聞。
今度店長さんに勇気出して聞こう。


DSCF060109_2.jpg


「世の中に対する思い込みが
 僕らの足枷になっている。」

「スロービジネス」 

「私のできること」

なんかむにゃむにゃと頭を過る言葉たち。

僕も猫町にある振り子時計を見ながら
異空間に没入する。

食後に珈琲を贅沢に。
久しぶりに、珈琲にミルクを入れてみた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。