w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
DSCF060118_1.jpg

株が景気を左右する理由が
未だにちょいと掴めていない。

もっと勉強して言うべきなんだが…
どうして株をいっぱい買えば景気が上がるんだろう。
そうじゃないのか。



株といえば…
ホリエモン。頑張ってるなー。

日本の株のシステムに問題があるとかどうとか
大きいことも言ってたし
選挙に出るだ会見するだー
よく働いているよ。特にメディアの前で。

それはそれで面白いことだし
世間を騒がすのは悪いことじゃないんだと思う。

でも
彼は自分の企業に対して
あるいは
自分の社員に対して
言い換えれば
自分の戦友に対して
絶え間ない布施を与えているのか

メディアを通して僕はいつも不安に思う。

テレビの中の誰かも言っていた。
「買収で得た中身のない経営」
だって。

昔、livedoorのプロバイダーサービスに
友達が愚痴を零していたのも覚えている。

社員はどうなんだろう。
本当のサービスはどうなんだろう。

僕がもっとも怖いのは
livedoor自体の経営の質だ。

僕の価値観から規模なんてどうでもいいし
「株価=人の本当の評価」とも思いたくない。

僕は隣にいる人が
「いいサービスいつもありがとう」
なんて言われるほうが大事で
毎日すっきりして生きれるような気がする。


彼が決して企業ではない。
彼は企業の一部でしかない。
彼が自分自身を企業だと捉えている感がして
社員の方々に同情してしまう。


今日、この会社の株価が一気に下落している。
株で信用得た信頼は、なんて虚無なんだろう。
本当の信頼があれば
そう簡単に株価も落ちていくとは思えない。

これは
メディアの責任だけでもない。
ホリエモンの責任だけでもない。
僕は、会社と大衆の責任でもあると思う。



ラジオでこんなことを聞く。

「1年前にこのことが起こっていたら
 どうなっていたんだろう。
 半年前起こっていたら
 どうなっていたんだろう。

 僕らはどんなに情報を得ても
 それが真実とは限らない」

僕らが情報に打ち勝つことが
今一番求められている気がします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。