w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
タイム do チェンジ
DSCF060203_1.jpg



僕らが感じる時間が何故、
日に日に早くなるのか。
いつも疑問に思っていた。


今月ももう2月に入った。


自転車でいつもの通りの、あの角を曲がるときに
いつも考えが廻る。



僕の推論はこうである。


例え話。


初めて友達の家に行くときなど
知らない道を初めて通るとき

ひどく長~い道のりだと思ったことはないですか。

そして2回目からはすぐに辿り着いてしまった。
感じがする。


初めてのバイトのお仕事。
初仕事だから3時間でいいって言われたが
実際に働いて見ると
ひどく疲れて終わりまでが長いと感じたことはないですか。

2回目からはバイトの時間もすかすか終わる。
感じがする。



人間は2回目から
「当たり前」を覚える。

厳密に言えば
2回目などないはずなのに。




安心する反面。
新鮮さを失くす。



小学一年生で初めて教科書を貰ったときの気持ちとか。
大学で初めて友人に名前を呼ばれたときの気持ちとか。


すぐ忘れる。
全てを知ったような気になる。



世界はいつも「初めて」で溢れているはずなのに。
世の中には「当たり前」などあるはずがないのに。


美しさも日常も喜びも学校も。


「当たり前」が我々の時間を早めるのではないか。
「新鮮さ」は自分以外の時を止めるのではないか。


そんな気がした。


25回目の年越しにて
24回分より新鮮な考えを
搾り出してみた。



今日は明け方。家に帰ろう。
でもやっぱり
いつもと同じ帰り道で。
帰ってみよう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。