w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ディンガン
DSCF060206_1.jpg



ケリーアンを元気にする計画は失敗だった。
ぼくはこそこそ自分の部屋に隠れた。
喉に石が詰まっているような気がした。

父さんは夜、ひとりで外に出て行った。
気配で分かった。
鼻をくすんくすんいわせ、しゃくりあげ、やかんみたいにぜいぜい息をしていた。



僕の名前が似てるってんで
それだけの理由で彼はこの本を貸してくれた。


マクドナルドで息抜きのはずが
全部読んでしまった。


幼い頃。
色んな自分の可能性を信じていたあの頃を思い出す。


残念ながら
ここに出てくるディンガンは
美しい女の子だったそうだ。





よそのひとたちは、ぼくらをきわめつけに頭がおかしいやつらだと笑うかもしれない。
でも笑いたいなら笑えばいい。
僕はちっともかまわない。
なぜってそいつらはみんな、
なかなか目に見えないものを信じることも、
さがしてもさがしても見つからないものをさがし続けることも知らないトンチキなんだから。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。