w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ガンジス・シティー
インド5日目

○主な出来事
朝バナラシ駅到着→リクシャーのおっさんに軽くぼったくられる→ホテルテンプルオンガンジス到着→バナラシの町散策→夜のコンサート

DSCF060312_1.jpg


人間はネガティブな事柄のほうが印象に残りやすいのだろうか。
地球の歩き方を見て大概の人が注意を払うのは、
「注意書き」のような気がする。

僕もインド人の強烈な個性に、
一日のバイオリズムを激しく翻弄されていたように思う。

列車の中で連結で寝ていると、
シーツを提供してくれた車掌さんがいた。
バナラシの町について、優しく色々教えてくれた人もいた。

しかし、10時間の旅のあと、安堵する間もなく
リクシャー(小さいタクシー)のおっさんに騙されたり。

嫌になったり好きになったり。
インド滞在半ばが、一番微妙な時期だったと思う。

DSCF060312_2.jpg


ここ、バナラシは実によい町だった。
天気が良かったのもあるが、
聖地ともあって、人も町もさわやかなオーラがあった気がする。

DSCF060312_3.jpg


今日は旅の疲れか、
ゆっくりすることにした。

歪んだ胃の調子も一休みさせる。

夜、ゲストハウスでコンサートとという名の、
ヒンドゥーの集会があって、僕らも一緒に参加した。

みな宗教といえども、なぜか楽しく唄っていた。


インド人はパワフルだと思った。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。