w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
脱力系
DSCF060818_1.jpg


明らかに、時間は経過している。
確実に着実に。そよそよと。ずけずけと。


ここ何ヶ月で色んな人に会った気がする。
久しい人、遠い人、いつもの人、新しい人、右隣の人。


単身東京に来たのに、実に不思議な現象だ。
片道14250円は、ムダではない。



今日会った彼は言った。
「初めての日本人ばかりの社会は、正直怖い。」
転職を決意したそうだ。


僕には「怖い」が「楽しみだ」に聞こえてしまう。
だから何も言わなかった。



今日、上司が嘆いた。
「これはまた脱力系の仕事だ…」
僕も、肩の力が抜ける…



人生は脱力系である方が丁度いい。




それでもまた時間は流れるから。
それでもその人の
「変わりたい」や「変わった」や「変われない」を見つける事ができるから。
時間の凄みはどんどん重くなる一方だから。



だから

人生は脱力系なくらいが丁度いい。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。