w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
風を想う
20061110(002).jpg



「いい夜だなぁ」

脳みそがぐじょぐじょになるほど

耳を逆立てながら

目をジンワリ沁みらせる。


自分の中に

瞬間(introduction)、宇宙が現れた。


目を瞑ってたら

色んな人が通り過ぎて行った。



近くにいるのに遠くを見つめるような声と

遠くにいるのに近くから囁くような電子音。


彼らが奏でるメロディーは

風力発電のような柔らかさが感じられる。


受け入れられないものは

ただ自分自身のみなのだ、ということも受け入れて

ぽっと何かが解き放たれる。


奇麗な月の下にいるようだ。

風の音も聞こえる。

木の葉の陰が揺れている。

そして小さな笑い声が響くようだ。


彼らは連呼する。

「ほんといい夜だなぁ。」



帰り道の夜。

表参道を散歩する。



新感覚ライブ。

実にいい夜だった。




Shibuya-Ax:Polaris Waking Music Tour 2006より
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。