w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
変えられないもの
DSCF0838.jpg

今日は落ち目な日だった。

本気でなきそうになる。

・朝から財布を落とす
・切符はなくしそうになる
・胃は痛くなる
・コップは割る
・家には蟻に悩まされる
・虫には勢いよくぶつかられる

明日は東京出発だというのに。。。
焦って全てが空回り。

そんなこんなでも、
母は言う。
「それで済んで良かったやん。」
なんとも前向きなのだろうか。

窶れ果てている僕を見て、
馬鹿親の母は笑っている。
すっとんきょうに帰ってきた僕を見て
母は小学校のころの僕のエピソードを思い出したそうだ。

僕がサッカーのスパイクをバスの中に忘れたと言って
半泣き状態で必死になって
バスを追いかけたことがあった。
がしかし、実際は自分の手に持っていた…
という珍エピソード。
「オッチョコチョイやねんなぁ」と一言。

それは根っからの性質だから、
色々トラブルを抱えるのは仕方がないことなのかも知れない。
と諦める。
僕は忘れかけていたあのことを
さり気なく母は語ったが
少し胸が熱くなった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。