w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
No animal was harmed in the making of this film
DSCF070630_1.jpg



『この映画の製作において動物に危害は加えられていません。』



アヒルと鴨のコインロッカー

この映画の始まりはこうである。


原作が伊坂幸太郎著であり、

2回も読んだ思い入れのある作品だったため、

濱田岳がディランを唄いはじめた最初の場面から、

少々潤々していた。



色んな場面の表情や言葉から\


後々に繋がる深い味わいが感じられて

監督の拘りがなんとなく染み渡る。



伊坂氏の作品にまた役者の個性がプラスされて面白すぎた。




『アヒルと鴨、ドウチガイマスカ?』

『ソウデスネ』

『神様に、見て見ぬふりをしてもらうよ』



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。