FC2ブログ
w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
the wa ta mi story


結局 その人を羨ましく思う行為は

自分が目指したい将来像だと思うことが多い。



年齢を取る事に抵抗があるにしても

年齢を取る度にわかることがたくさんある。



今でもそうであり。



ずっとこれからもそうなのである。




上司が言った。

「利点凝視」だと。


何故人は、他人の嫌な部分ばかり目についてしまうのだろう。って

真剣に思う事がある。




自分の包容力の無さが

いつしかからっぽになるときがくるのだろうかと。

憂うことがある。



この年になっても、意外と

「受け入れる」って行為が掴めていない自分を

今日も少々嘆いてみる。





だからそんなときはもちろん

酒に身を寄せてみる。



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved