FC2ブログ
w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
スタイル
DSCF1174.jpg DSCF1178.jpg DSCF1180.jpg

石垣島に向けて出発する。
現地は台風らしいのに、大阪国際空港は
これでもかというくらい晴れていた。
出発するのか帰るのか。
くそー。

無理からテンションを上げていざ飛行機に乗り込んだ。
子供連れがやけに多い。
ピーチクパーチクと駄々を捏ねる声が
あっちこっちから聞こえた。
夏休みみたいね。

那覇に着いて旅行会社からの電話があり、
石垣では辿り着いても身動きができないと言われた。
僕らは呆気なく石垣行きを断念した。
伝手は恩納村だ。
行き当たりバッタリ流され丈夫な僕らは
恩納村に努める知り合い
ダイビングできるか乞うたのだ。

台風のお陰で旅行会社やら宿泊先やら
キャンセル料やらレンタカーの手配やらで
ここに着くなり僕はヘロヘロになっていた。
手配とかあんまり慣れていないせいで…
台風が憎い。

恩納村は那覇から北へ
車で一時間程度飛ばしたところにある。
悲しいことに日が沈みかけていたから
宿泊先に辿り着いたときはもう夜だった。

僕らは泊まるところがまさかユースホステルとは知らず
着いた途端に一瞬たじろいだが
僕は初めての環境でワクワクした。

そんなこんなで知り合いと久しぶりの再開をした。
泡盛を呑んだ。
もう知り合って4~5年の仲だった。
明日は台風だが、
ダイビングをするとのこと。
凄い。

泡盛でほんのり酔うパラう。
僕は彼女に
あまり知り合いがいないこの恩納村で働くことに
迷いはなかったのか問うた。
彼女は言った。
「昔より今が絶対幸せ。」
今たった3人で営んでいるダイビング会社。
昔とは違ってひっそりとして、アットホームだ。 
僕は過去の楽しかった日々を打ち消されたというより
むしろ
今を大切に大切に考える彼女を誇らしく思った。
いい目をしていた。

この一言を聞けて
僕は台風に感謝してしまった。いとも容易く。

○今日の泡盛 : Navi
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved