w.d.y.d.y.b,c
- photo blog -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
くちぶえサンドイッチ
くちぶえサンドイッチ―松浦弥太郎随筆集 (集英社文庫)くちぶえサンドイッチ―松浦弥太郎随筆集 (集英社文庫)
(2008/04)
松浦 弥太郎

商品詳細を見る



「とにかく、毎日(一生懸命でなくても)十年続けたらものになるんだ」

「正しい行いをしていれば、世界が味方してくれなくても
 宇宙が味方になってくれる」
…で、その自分の正しい行いを知るには、見えないものこそが必要と思うのです。
 見えないものとは頭で考えたりするのではありません。胸に手を当てて
 静かに心で考え、感じ、知るのです。何を言いたいかというと、僕も含めて、
 毎日の自分の行動、判断、思い、考え、言葉などが、正しく行われているか、
 使われているか、ありうるのか、もしかしたら、そうしたことを胸で考えるのを
 忘れてしまっているのではないかということです。
 もっと言うと、損得と自己保身だけでを頭で計算してしまっているではないかということです。

「素朴であったり孤独なものそれ自身の中には、
 人の美しい情念を呼び起こしてくれるしあわせがある…」




人や本との出会いや、自然の大切さや、日常の愛らしさや。
自分の持つ想念は、僕特有のものではないことに安心してしまった作品。

へんてこりんな自分の嗜好を
昨今の目まぐるしい日常によって折り曲げられそうになっていたが
満員電車の中でも、何故か安堵を呼び寄せた文章だった。


この本をくれた友人に、感謝。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。